春日大社に眠る、金の伝統

静岡にて100年の歴史を誇る雛人形工房。培ってきた作り手によるしつらえです。
奈良の春日大社に所蔵されている「竹虎雀飾」という大鎧の兜を模写したもの。
大きくてたくましいクワガタと、竹雀柄の細かな細工が魅力的です。
竹林の中に雀が飛ぶ様子が大変細かく、美しく表現されています。


【兜】
朱色の糸に金の小札(こざね)で本物に色までも忠実に再現した逸品。
360度どこから見ても精密で緻密な作り。


【屏風】
ただの金屏風ではない、砂子柄に施された屏風絵は
微かに粒の輝きを放ちつつ、シンプルな金色のツヤ光にとどまらない深みを持っています。
四辺は黒塗の枠で囲まれており、金具でしっかりと装飾されています。


【商品仕様】
■お飾り時サイズ(mm):幅750x奥行420x高さ430

■生産地:
・兜:埼玉
・屏風:東京
・赤毛せん:兵庫
・台:静岡

■内容・材質:
・兜: 1組
・木製組み立て式台: 1
※高低それぞれの側板を付属しております。
・エンジ毛氈(フエルト): 1
・屏風:1

※お手入れ用毛ばたき・防虫剤1回分付
※日焼け・湿気に弱いため、日光の当たらない場所へお飾り頂き、湿気が少ない場所に保管してください

¥ 165,240

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。